2016年12月12日月曜日

テレビで見たがヌーハラって

ヌーハラ…ヌードルハラスメントの略だが、ラーメンや蕎麦、うどんを食べる時にズズズッとすする音に対して不快な思いをする(今のところ)外国人の思いらしい。

確かに昔から海外での食生活について聞いた話では、マナーとしてスープを飲む時に音を立ててはいけないとか、パスタ等はフォークとスプーンを使って音を立てずにお行儀良く食べるが、ラーメンも同じように食べようとするので、日本でのラーメンの食べ方と違い出来立てを美味しく食べるのではなく、食べ終わるまでに伸び切って冷めてしまうなんて話ばかりである。
また、海外の方はそのような習慣が無いせいで我々日本人が麺をすするような吸引する食べ方が出来ないなんて話も聞いた事がある。
ただ、実際にデータを取ったワケでも確認したワケでもないのでそれについての正当性を語る気は更々無いが、大切なのは嫌だから否定するのではなく逆に認める事が必要なんじゃ無いかなぁ?と思います。
例えば、欧米の食文化では肉には赤ワイン、魚介には白ワインとされ、ソレが既に伝統になっているから盲目的にソレに従う習慣があるが、個人的にはソレが絶対とは思っていない。
が、公式の場ではソレに従うのが習わしだろうし、嫌ならそこに近付かなければ良いと思う。
逆に言えば海外の方が日本に来て、ラーメンがブームだから味わいに来た、伝統的な蕎麦を食べたいと思って来たから店に入るなら自分達の感覚で否定するのではなく日本の食文化に倣ってみたら良いのでは?

なんとなくまとまりの無い意見だが、
食文化の違いで嫌がらせと取り騒ぎ立てる前にそれぞれの感覚の違いを認め合わないと先の道は無いように感じてしまう自分はおかしいかな?(笑)