2016年5月31日火曜日

Ζガンダムについていろいろ

私が数多とあるガンダムシリーズの中でテレビシリーズで一番好きなのが、1985年に放送された「機動戦士Ζ(ゼータ)ガンダム」である。
Ζガンダムは1979年に放送され社会現象を巻き起こした「機動戦士ガンダム」の続編として原作者である冨野由悠季によって制作された。
そうして制作されたΖガンダムはファーストガンダム・一年戦争から7年後の世界を舞台に、かつて一英雄となったはずの、ブライトは上官にどつかれたり、アムロは連邦の支配の元生活していたりしている。

その中を、かつて赤い彗星と呼ばれたシャア・アズナブルがクワトロ・バジーナを名乗り、連邦支配を目論むティターンズを撃退するため、エウーゴと呼ばれる組織に所属している。
ティターンズが極秘に開発していたガンダムマーク2強奪を巡って物語は始まっていく。
そのガンダムマーク2に17歳の少年カミーユ・ビダンが乗り込み、アムロ以上に戦災と言うか問題ありともいうべきカミーユを中心に物語が進行していく。
なぜ、Ζガンダムが面白いかと言えば、ここからは完全に私の持論を展開して参りたい。
一つに主人公カミーユをはじめとした登場人物が実に濃い。
ファーストガンダムも、ランバラルなどと言った濃い人物は存在しており、勿論シリーズ的にもあれほどドロドロした人間観帰依、戦争と言うものを描いたという点においてはファーストが頂点かもしれない。
しかし、Ζにはファーストとはまた違った魅力にあふれている。
特に主人公カミーユはアムロの少年時代以上に、その心の動きが繊細に描かれている。
彼はテレビシリーズでは最後精神崩壊をしてしまうが、そこに至るまでの経緯と言うのが実に濃いものとなっている。
また、シャアやアムロまたブライトといったファーストガンダムに登場した人物たちが登場してくるのが面白い。
こうしてリアルに年齢を取った人物たちが出てくるというのは、ガンダムからだそうだが、例えば一年戦争のエースパイロットアムロは21歳になっているが、その能力の高さから監禁されていた、ホワイトベースの艦長ブライト・ノアもティターンズのバスク・オムにぶん殴られたりしておりその扱いがかつての英雄とは思えないひどい扱いをされている。
また、カイシデンやハヤトなども大事なところで登場し、それぞれに応じた役を演じている。
特にハヤトについては地上における反連邦政府であるカラバの中心機アウドムラの艦長をしており部隊を率いている。
なかんずくシャア・アズナブルにおいてはその素性を隠しながら、カミーユの良き上司として途中まで振る舞っており、逆襲のシャアに繋がっていく部分も随所に見える。
また、自身の素性を明かし世に向かって大声明を行ったダカールの演説の後、宿命のライバルアムロとグラスを交わすシーンなど見どころも多い。
また、ハマーン・カーンやシロッコと言ったニュータイプたちのキ〇ガイじみたと言えるその濃いキャラクター性とカリスマ性もドラマを彩っている。
二つ目にΖガンダムは物語として三つ巴の戦いが展開されているスケールの大きい物語となっている、それぞれの人の思惑に潰されていくカミーユも非常にかわいそうである。
三つ目に、モビルスーツが多彩なデザインに溢れている!
批判も多いらしいが、私は好きな永野護というデザイナーなどが加わり、実にΖガンダムや百式、またジ・Oやキュベレイといったモビルスーツたちが実に素晴らしいデザイン性を誇っている。
それは劇場版の新作画を見て改めて確認できたが、あれほどカッコいい擦らばらしく個性に富んだモビルスーツが飛び交っているのはΖガンダムが一番じゃないかと思われる。
この頃は、マクロスの影響を受け、変形機構をモビルスーツに取り入れ出した時期でアもあるが、実に個性豊かに変形するモビルスーツたちが宙(そら)を駆けている。

四つ目に一般の方からしたら時代に合わないかもしれないが、主題歌、挿入歌また音楽が素晴らしいと思う。
主題歌については、後期オープニングをガンダム界の歌姫かつこの曲でデビューした森口博子さんが歌う「水の星に愛をこめて」はガンダム主題歌の名曲となっている。
また、カミーユとフォウの心情を実に見事に歌い上げている「銀色のドレス」といった名曲もある。
また流れるBGMを担当したのは三枝成彰が担当しており、この人は続編のZZガンダム、逆襲のシャアでも音楽を担当しており、壮大なるメロディーを作り上げ宇宙世紀の壮大なるスケールを表現しきっている。

Ζガンダムは2004年に劇場版三部作として制作された。
何かと批判が多いが、私は好きと言えば好きである。
確かに、予算の都合で20年前の旧作画と新作画を使用しての映画は確かに大変なものがあったが、一作目の「星を継ぐもの」は素晴らしいできであった。
何せ、Ζガンダムは全50話ある。
それを1本90分3部作に編集するのは並大抵のことではない。
かつてこの手法で富野由悠季は機動戦士ガンダムの三部作(哀戦士、めぐりあいなど)やイデオンなどを製作してきた力量を持つからこそ成せる技であった。
また、ラストでカミーユが精神崩壊をしないというくだりにおいても、それはそれで綺麗な簡潔であった。
ダブルゼータファンには悪いが富野由悠季は「ガンダムシリーズはファースト三部作とゼータ三部作と逆襲のシャアの7本をガンダムシリーズと言うんです」とゼータの時に公言した(笑)
しかし、ダブルゼータの最終回でカミーユがファと共に元気になっている様子が流れた時は嬉しかった。
Ζガンダムは他のガンダムには類を見ない、少年の心の繊細さを描いている。
この作品を今一度見直す意味もあるのではないかと最近思う。


2016年5月4日水曜日

モスラ親子の感動のドラマ!!!「モスラ」(1996年)

1995年「ゴジラVSデストロイア」でゴジラの壮絶なる死をもって、ゴジラシリーズは1999年に公開した「ゴジラ 2000ミレニアム」で復活するまで約5年休止していた。
その間、東宝はゴジラに変わる正月映画として「平成モスラ三部作」を製作した。
ゴジラ及び東宝怪獣映画の生みの親である田中友幸は環境破壊をテーマにモスラを復活させようと試みたらしく、1992年に「ゴジラVSモスラ」を復活させたらしく、そしてモスラ三部作を製作した。
故にシリーズ通して自然破壊、環境破壊、また家族愛をテーマに描いている。

物語としては、世界観としても独自の世界観である。
第一作では、今シリーズの小美人とも言うべきエリアスが出てくるのだが、この世界勘定で恐竜絶滅の原因を作ったと言われる、怪獣デスギドラの封印のメダルを、森林の伐採をしていた父親役の後藤は外してしまう。
そのメダルを娘のペンダントとして与えた。
そのメダルを狙って、エリアス姉妹の姉であり、黒い妖精と化したベルベラが襲う。
エリアスは後藤一家を助けようと、家の中で壮絶な戦いを繰り広げる。

エリアスはフェアリーモスラという、元ネタは「ゴジラVSスペースゴジラ」(1994)で出てきた小さいモスラに乗っているのだが、そのエリアス姉妹が乗るフェアリーモスラと、ベルベラが乗るガルガルが家の中で光線を撃ち合い、家のものはどんどん壊れていく(笑)特技監督はゴジラVSシリーズから引き続いて川北紘一氏が担当している。
当時はデジタル合成がそこまで発展していない時期だったであろうが、巧みに家の中を飛び交う、フェアリーモスラとガルガルと、人物とを上手く合成し素晴らしい映像になっている。
また、怪獣はでかいため必然的にビルなどが壊れていくわけだが、このような小さな怪獣によって、家の家具などが壊されていく様もまた新鮮で面白い。
そんなしている間に、デスギドラが復活してしまう。
そのデスギドラを倒すべく、エリアスは最後の時が近づいているモスラを召還する。
モスラは卵を産みその卵を大切に守っていたのだ。
モスラ三部作での「モスラの歌」を歌ってのモスラを呼び出すシーンは神秘的で素敵なシーンとなっている。
しかし、寿命が迫りゆくモスラにデスギドラの圧倒的な強さに苦戦を強いられる。
そんな親を助けようと、卵から予定より早く幼虫が生まれ、デスギドラに立ち向かう。
光線大好き川北紘一によって、とうとうモスラ幼虫も腹からビームを撃つようになった(笑)モスラ親子のが共闘をするも、デスギドラの強大な力に歯が立たない。
なんとかデスギドラを海まで誘導することは成功するものの、そこで親モスラは力尽きてしまう。
子である幼虫モスラは力尽きていく親モスラに寄り添い何とか助けようとする。
このシーンは怪獣映画屈指の感動的なシーンとなっている。
これはまさに怪獣表現の演出の天才である川北紘一だからこそできた神がかった演出である。
要するに川北紘一氏は、怪獣に着ぐるみにギミックを入れ、瞬きなどをさせたりして表情を付けたり、照明など様々な工夫でい怪獣の感情を巧みに表現している。

「ゴジラVSメカゴジラ」(1993)でゴジラとベビーの対面シーンであり、大変印象的だ。
また、「ゴジラVSスペースゴジラ」(1994)においてはスペースゴジラの攻撃からリトルゴジラを護るゴジラ。
そして「ゴジラVSデストロイア」(1995)でのゴジラとジュニアとの対面シーンでゴジラが涙を流したりするなど、怪獣に対しここまで巧みに表現してきたのが川北紘一氏である。
現在大ヒット上映中の「シン・ゴジラ」で特技監督を務めた樋口真嗣は、平成ガメラ三部作を見てわかるように、特技監督として、カッコいいシーンや、派手なシーンを撮ることに対しては天才としかいいようがないが、川北紘一の方が怪獣のキャラクター性という点においては、天才であると私は断言したい。
その中でも川北演出の屈指のシーンと言っていいのが、このモスラ親子の壮絶な別れの場面である。
海で力尽いていく親を幼虫は羽を体に乗せ、、陸に戻そうとするが、最後モスラは海の底に沈んでいった・・・。
その時の二匹の鳴き声によるやり取りも感動ものである。
親の死を目の前で見た子モスラは一大決心を起こす。
一人否一匹屋久島に向かう。
樹齢1万年の屋久杉の力(1万年分の大地の記憶)に繭を作る。
この幼虫から繭へ、繭から成虫へと言うモスラを象徴しゆく驚異の三段変身の演出もこの作品はデジタル技術の発展によりかなり神秘的なものとなっている。
もともと予定より早く生まれたこのモスラは、エリアスいわく「強い意志の持ち主」と言われていた。
そして遂に恐らくモスラとしては史上最強の新モスラが姿を現した。
これまでのモスラは親のような黄色や黒や赤い羽根だが、屋久島の木の影響からか、羽が緑色となっている。(後にレインボーモスラへと進化を遂げるがそれはここでは取り上げない)
そしてこのモスラはマッハ15.5のスピードでデスギドラに向かい、実質上デスギドラを一瞬で葬り去った(笑)このシリーズは家族愛をテーマにしていることもあり、この作品ではモスラの不屈の親子愛を通し、絆を深めた。
また、森林伐採で働く父も、環境破壊に対する罪を反省して物語は終わる。
これ以降、「モスラ2海底の大決戦」「モスラ3キングギドラ来襲」と続いていくモスラ三部作。
ゴジラシリーズがお休みの期間、楽しませてくれた思い出深き作品だ。
是非、モスラ親子の感動のドラマ「モスラ」(1996)を是非ご覧下さい!!